読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年買って良かったもの7選

2014年に買ってよかったものをピックアップ。

アークテリクス Beta SL Jacket

およそ4万円程度する高価なジャケットだが、満足度が非常に高い。
まず何より GORE-TEX の防水性と耐久性が素晴らしい。トレッキングするときも通勤の時も、ボートに乗る時もこれを着ている。服に対してこれほどの信頼感を持つことになるとは、という驚き。

ゴアテックスのジャケットならもっと安いものもあるが、アークテリクス特有の機能として、かなり優れた立体裁断であることが挙げられる。動きが制限される感じは全くない。まるで強靭な膜が体の周りを覆っているようだ。シルエットもカッコイイ。

ジャケットに3万数千円というのは気軽に買えない額ではあるものの、正規店で買えば Bird Aid という保証プログラムがついてきて購入代金のうち 30% 分の修理費用はタダにしてくれる。
アークテリクスの製品は修理可能で破れたジャケットでも修理すると、店員曰く「かなりキレイになる」とのことなので長期的に使えると思えばコスパは悪くないのでは、と思う。

なんというか消耗品感の無いウェアで、少しぐらい高くても全然惜しく無いのだ。このジャケットでアークテリクスへの信頼がすごく高くなった。

Sony RX100M2

今まで安物のデジカメは持っていたが、iPhone のカメラでも十分キレイじゃんってことでお蔵入りしていたが、iPhone とこの RX100M2 では画質がケタ違いすぎる。このカメラを買って最初の一枚を試し撮りした時の衝撃と言ったらもう。単にテーブルの木目を撮っただけなのに、「うおおお!!!」って声が出た。

ご飯も人の表情も、風景の空気感も星空も、何もかも美しく撮れる。今まで iPhone のカメラで満足していた自分がバカげてた。iPhone はただのカメラ感がある画質だが、RX100M2 は、もはや眼だ。人間よりはるかに高性能な眼が見た世界を見せてもらっているかのようだ。

以前のデジカメに比べてこれほど進化していたのかと素人ながら衝撃を受けたし、もっと早く買っておけばと後悔した。
月並みな言葉ではあるが、思い出をキレイに残せる価値はプライスレス。

以前書いた記事:RX100M2 が素晴らしすぎる - にょきにょきブログ

PRIMS P-153

PRIMUS(プリムス) ウルトラバーナー  P153【ガス機器適合性検査済日本正規品】

PRIMUS(プリムス) ウルトラバーナー P153【ガス機器適合性検査済日本正規品】

運動は苦手なのだが、自然に触れあうのは好きなので、軽くではあるがトレッキングを始めた。
トレッキングで自然に触れ合えるのは素晴らしい体験なのだが、当然山の中ではご飯は自前で用意しなければならない。しばらくはコンビニのおにぎりをご飯にしていたがやはりもう少し美味しい物が食べたいということで、バーナーで調理できる環境を整えることに。

で、使ってみたら、これが素晴らしすぎる。コンパクトなサイズで、家庭用キッチンのコンロより強力な火力。あっという間に水が沸く。そして聞いていた通り自然の中でのカップ麺はウマイ。このバーナーとクッカー(鍋)があればあとは材料次第でかなり自在に調理できると思うので、当分楽しませてくれそうだ。

バーナーとガスとクッカーで、合わせて一万円ちょいくらい。
男のアイテムって感じがビンビンして、所有欲も満たされるひと品。

木屋 はがねの爪切り

木屋 はがねの爪切り 大 BK-T02

木屋 はがねの爪切り 大 BK-T02

自分用に買ったわけではなく、もともとは実家の爪切りの使い勝手が悪かったのでギフトとして送った品で、実家に帰った時に使ってみたのだがこれがなんとも使いやすい。

爪切りというものは壊れにくいので長期間同じものを使用することが多く、かつ定期的に使うものなので少しぐらい高価でも良いものを使うべきなのだ。ひょっとしたらこの爪切りも、親にとっては死ぬまで使うかもしれない。そう考えれば2000 円の爪切りなんて安いものだ。

ANKER Astro M3 モバイルバッテリー 13000mAh

モバイルバッテリー。とにかく容量が大きく、iPhone なら 5〜6 回フル充電できる。少し遠出をするときはいつも持ち歩いているがバッテリー切れになったことは一度もなく、むしろ、iPhone 充電したけどモバイルバッテリーからその分の電気が減っているのか疑いたいくらいの大容量なのだ。

大容量は、信頼になる。少し重いがこれ一つザックに詰め込んでおけば iPhone の弱々しいバッテリー問題から解放される。もう少し軽いタイプでも良いかもしれないが、ある程度の容量のモバイルバッテリーはひとつ持っておくことを推奨する。

それからもう一点、この製品の良いところは、LED ライトになるところ。これが結構明るく、満充電状態なら点灯時間はなんと20日間もあるそうだ。20日間!仮に普段使わなくても、災害用に置いておくだけで値段分くらいの価値はありそうだ。

吸盤歯ブラシホルダー

なぜこんなにも便利なアイテムがあまり売ってないのか、疑問である。

これは洗面台の鏡に吸盤でくっつける歯ブラシホルダー。当たり前にどこにでも売ってそうなものだが、探してみると意外なことにこういう吸盤タイプは少ない。歯ブラシホルダーではなく歯ブラシスタンドが多いのだ。スタンドよりこういうホルダータイプのほうがよく水気が切れそうだしスペースも節約できるので、大変オススメ。

Sony EX800ST

SONY INNER EAR MONITOR MDR-EX800ST

SONY INNER EAR MONITOR MDR-EX800ST

音質最上級のイヤホン。自分は音質の良し悪しはあまり感知できないタイプだと思っていたが、これは普通のイヤホンとはケタ違いの圧倒的逸品。

今は iPhone 付属のイヤホン、EarPods もかなり良い音質を出すが、以前の付属イヤホンとこの EX800ST を比べたら笑いがこみ上げてくるほどの音質の良さである。このイヤホンを使ったあと別のイヤホンを使うと、まるで音源が壁一枚向こうにある状態で音楽を聴いているような気分になる。EX800ST は音源が耳に入り込んできたかのようだ。

EX800ST を使う前はオーディオテクニカの 6000 円くらいのイヤホンを使って喜んでたのだが、EX800ST を聴いた時は、ある意味後悔した。聴いて一瞬でわかった。自分が今まで使ってたイヤホンはゴミだ。

手持ちのものが一瞬でゴミと化したショック。それほど衝撃だった。(もちろん落胆しただけではなく、音質がまるでモノクロからフルカラーになったかのような感動もあった)

それからこの体験を通して学習したことは、カカクコムやら何やらの音質レビューなんてものは全くアテにならないことがわかった。ああいうところには「購入したものは良いものだ」と自分に言いきかせるためにレビューしている連中が一定数いると思うので、そういうものに騙されてはならない。信じられるのは自分の耳。周りがなんて言おうが、自分が良い音と感じたものを買うべきであって他人の耳はアテにしてはならない。なのである程度の値段のイヤホンを買うときはヨドバシにでも行って試聴することが必須。コレホント。