読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビブラム ファイブフィンガーズが気持良すぎる件

一昔前に流行ったような気がするファイブフィンガーズを買いました。
僕は、トレッキングで山の中に行ったり少し大きめの公園で森の中を歩いたりするときに、
地面に這う木の根っこを踏んで歩く感じが好きなのだ。
普段の生活でもそんな感覚を味わいたいと思った時、目についたのがこのファイブフィンガーズだった。


で、このモデル買いました。
Men's BIKILA EVO Black Yellow


買っておよそ3ヶ月ほど経ったのでレビュー。
一言で言うと、気持良すぎ!

裸足感覚ということに全く偽りなし。裸足で歩く心地よさと、足をある程度ガードしているという安心感。
歩くのが楽しくなります。土の地面や公園の芝生なんかを歩く時はもちろんのこと、普段の道路を歩く際の視覚障害者誘導用ブロックの凹凸ですら足裏にしっかりと感覚が伝わってきて、それがなんとも心地よい。

この靴のおかげで、生活がちょっと楽しくなった。この楽しさは靴を買った直後だけでなく、今もずっと続いている。
そういう意味では楽しませてくれる量と値段の比ではすごくコスパが良いと思う。

あとは、結構話の種になる。会社でいろんな人に「その靴なんですか?」と聞かれてエレベーターの中で話が盛り上がることはしばしば。


ではデメリットについて。それなりにクセはあります。
まず一つ目。
履くのがちょっと手間。普通の靴と違って足のそれぞれの指を靴に合わせていれないといけないので、慣れるまでは靴を履くのにもぞもぞしなければならない。ただこれは一週間もすれば慣れて、普通の靴よりほんの少しのオーバーヘッドで履けるようになる。よってあまり気にしなくても大丈夫。

二つ目。
雨の日にはすごく弱い。なにせ素材が薄いので、すぐ染みこんでくる。よって雨が降る日は履けません。晴れの日が今までに増して楽しみになります。

三つ目。
普通の靴と同じ歩き方はちょっと厳しい。
普通の靴はクッションがありますがファイブフィンガーズにはほぼ皆無なので、カカトで着地するような歩き方だと膝を痛めるかも。とはいえ、フラットに着地するか、足先で着地するかのような歩き方に自然となります。最初は足が疲れますがまぁそれも足を鍛える一環と思えば別に良いかな、という感じ。

歩き方を変えるというと大げさだが、自然とそうなる。


最後に、購入方法について。
実店舗で売ってるところはほとんどありません。僕は新宿ビックロ東口店 8F のアートスポーツという靴屋で購入。
普通の靴以上にフィット感が重要な気がするので、実店舗での購入をおすすめします。
(Amazon でもサイズが合わなかったら無料返品できるようなので手間を惜しまないなら通販でも大丈夫だが)

ファイブフィンガーズ、早くも僕の中での 2015 年ベストバイ大賞候補です。