読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazon にプライム対象商品についてクレームしてみた

これは、とある商品がプライム対象(と僕が勘違いした)であるにも関わらず、配送に 1 週間かかった件について Amazon とやりとりした記録である。誰かが同様の現象に遭遇した時に参考になれば幸いである。

発端

僕が買ったのはこの商品。ちなみにこれは泳ぐ時に手につけて水の抵抗を増やすもので、筋力アップや、より快適なシュノーケリングなんかに使う道具。

JapaNice アクア グローブ 全3 サイズ (S,M,L)BC556

JapaNice アクア グローブ 全3 サイズ (S,M,L)BC556

2016/3/1 時点で、プライム対象を表すロゴがしっかり入ってます
f:id:shawshank99:20160307132331p:plain

もちろん検索結果の画面にも。
f:id:shawshank99:20160307132346p:plain

2016/2/26 に、僕はこのアクアミットとその他の商品をいくつか Amazon で購入。ポチポチと「次へ」を押して、注文確定。


翌日夕方頃には届くかと思いきや、数日待ってもこのアクアミットが届かない。「この商品、プライムだよなあ?」と再度商品画面を確認してプライムロゴが付いていることを確認。遅配のメールも来てなかったので、Amazon にお問い合わせすることにしました。

Amazon に一回目のメール

「すいません、この商品について伺いたいんですが、プライム対象のはずなのにまだ届きません。どうしてでしょう?」
要約するとこんな感じ。腰を低く。

Amazon から返答

「そちらの商品はプライム対象ではないです」との返答。ファッ?
いやいや。プライムロゴついてまんがな。

Amazon に二回目のメール

プライム対象ではないという意見に全く同意しかねたので、僕の画面からはプライムロゴが付いているように見えますよ、という旨と共にスクリーンショットを送りました。

Amazon からの返答

「プライムロゴがついていても、サイズや色を変えるとプライム対象で無くなる場合があります。プライム対象かどうかの確認は、ショッピングカート内または注文確定画面で行ってください。」

なるほど。確かに今回の件の商品、僕が頼んだ黒の L を選択するとプライムでは無くなりました。これで、僕が頼んだ商品が翌日配送されない現象は判明。検索結果や、商品の画面でプライム対象のロゴがついていても、サイズや色の変更でプライム対象で無くなる場合がある、ということです。わかりにくさはあるけど、納得。

でも、ここでひとつ気になったことがあります。それは、今回の商品については、どのサイズ・色の組み合わせを選んでもプライム対象の商品が無いということ。
f:id:shawshank99:20160307132645p:plain

Amazon に三回目のメール

というわけで、今回の本来の主目的の問い合わせとは少しずれますが、「どのサイズ・色の組み合わせにおいてもプライム対象ではない商品がプライムロゴを表示するのはおかしいのではないか。優良誤認なんじゃねーの?ああん?」(意訳)というメールを送信。

Amazon からの返答

「ちゃんとブルーの S サイズがプライム対象になってまんがな!」(意訳)という返答。

ん??再度確認。この画面ではプライムロゴは無い。よく見ると「すべての出品を表示」というリンクがあるのでそれをクリックすると・・・
f:id:shawshank99:20160307133056p:plain

ああっあああーーーー!!!すべての出品を表示、から確認すると確かにプライム対象になっているううう!!!!
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B00X5D82OU/ref=olp_twister_child?ie=UTF8&mv_color_name=1&mv_size_name=0
f:id:shawshank99:20160307132933p:plain

出品者が同じで、同一商品なのにプライム対象のものに金額を上乗せしているのはそれはそれでどうなのよって気がするが、とりあえず、Amazon 側の言い分通りちゃんとこの商品にはプライム対象の商品があったわけだ。

まとめ

Amazon は正しかった。僕が間違っていた。

僕は Amazon の注文に慣れすぎたせいか注文確認画面をまともに確認せず、金額だけ確認して確定ボタンを押すことがしばしば。一度、注文した商品が僕のアパートではなく実家に配達されてしまったこともあった(親に見られたくないものを注文してなくて本当によかった)。

システム的なわかりにくさというのもあるような気がしなくもないが、教訓としては、注文確認画面ではちゃんと注文を確認しよう、という当たり前のことに帰結するのであった。Amazon からの返答メールにあった「この問題は解決しましたか?」のはいボタンを押してクローズ。

ということで、めでたしめでたし。