RX100M2 が素晴らしすぎる

よく遊びに行くし、よく写真も撮るし、よく写真を見返したり共有したりする。
だけどカメラはいつも iPhone だった。

iPhone のカメラはケータイカメラとしてはかなり頑張っているほうだとは思うが、
撮った写真に空気感が足りないと思っていたので、SONYコンデジ、RX100M2 を購入。


一眼やミラーレスにしても良かったのだが、やはりコンデジの軽さは強力なアドバンテージだ。
重くて持ち歩くのがだるくなったらせっかくのカメラを活かせなくなってしまう。その機会損失感が嫌で、結局コンデジ(もしくはミラーレス一眼)で選んだ。会社のカメラに詳しい人に相談したりして、生活費削ってレンズ買うような人に「RX100M2 買おうと思ってるんです」って相談したら

「これさえあれば一眼はいらない」

とまで言わしめたのだから凄い(もちろん初心者の技術力で、ということだが)。


で、カメラを買って二ヶ月ほど経過したが、かなり素晴らしく、もっと早く買っておけばと後悔した。

iPhone とは比べ物にならない高画質。高画質は何より素晴らしい価値を持っていることがわかった。

ご飯は美味しそうに撮れるし、風景は美しく、人を写すと生き生きとした表情が撮れる。単にカメラの眼を通して見たものを記録するだけではなく、その場の空気感まで切り取れている。暗い場所だとケータイカメラはノイズが大量に乗るが、RX100M2 はノイズが全然見当たらないし、暗い場所だろうが明るい場所だろうが、光を美しくキャッチできていると素人ながらに思う。

写真を見返せば、その時食べた料理の味や匂い、バカな話して大笑いした思い出、花火を見て感動した記憶が蘇る。まるで思い出に彩りが加わったかのようだ。

完全なるカメラ初心者ではあるが、物凄く満足する写真を撮れている。(ただし全く知識無しにシャッターを押しているわけではなく、本は何冊か読んだし撮影の練習もするしマニュアル操作での撮影も覚えてよく行なっている。)


というわけで、以下にこの二ヶ月で撮影した写真を晒します。人物写真をアップするのは憚られるのでやめておくが、素晴らしい表情が撮れている。

アルバム

買って二日目に撮った花火。

送信者 RX100M2

送信者 RX100M2

送信者 RX100M2


よく行く山中湖。

送信者 RX100M2


山中湖でウェイクボード

送信者 RX100M2


名古屋に遊びに行った時。熱田神宮

送信者 RX100M2


これは徳川園

送信者 RX100M2



なにより、食べ物が美味しそうに撮れる。

ロース

送信者 RX100M2


上ロース

送信者 RX100M2


ハラミ。このお店のハラミは分厚くて絶品なのだ。

送信者 RX100M2


鴨南蛮

送信者 RX100M2


鮎の塩焼き。あらゆる魚のあらゆる調理法の組み合わせの中で、一番美味しいと思うのがこの鮎の塩焼きだ。香魚と呼ばれる所以がよく分かる。

送信者 RX100M2


普通のラーメンでさえこんなに美味しそうに撮れる。

送信者 RX100M2


実家の蔵。ボケ味も美しい。

送信者 RX100M2


花は大抵近づいてマクロ撮影すると美しく撮れる。

送信者 RX100M2


オートフォーカスが優秀、な気がする(他のカメラを知らないのでよくわからない)。大体撮りたいところにピントがすぐ合う。

送信者 RX100M2


近くの動物園のレッサーパンダ。とにかく可愛い。

送信者 RX100M2


モルモットと触れ合えるコーナーがあった。

送信者 RX100M2


芝公園。夜景であってもノイズが乗らない。

送信者 RX100M2


雨上がりのイクスピアリ

送信者 RX100M2

星空も撮れた。

送信者 RX100M2


少し明るくなりすぎたが、うっすら見える天の川。

送信者 RX100M2


まだまだ写真技術が足りないのだが、ある程度画質がカバーしてくれてるように思う。

RX100M2、素晴らしいです。

アタッチメントグリップは必須。